« ISMSからISO/IEC 27001への移行解説 | トップページ | 個人情報保護法対策の進展調査 »

2005年10月31日 (月)

オーストラリアのDNC(Do Not Call)

オーストラリアでは、日本でいうところの個人情報保護施策のひとつとして、DNC register というのが始まりますね。

夜中のワン切り電話とかが野放しの日本からすると、とても現実的な制度です。

オーストラリア政府の
DCITA (Department of Communications, Information Technology and the Arts)
の発表によると、DNC register という規制の検討を開始しています。

Australian Do Not Call register

内容としては、テレマーケティング(電話によるセールス活動)に関しての規制になります。
オーストラリアは、もともと、テレマーケティングには神経質な国です。

特徴としては、
・電話が欲しくない(=DNC:Do Not Call)という申し出を受理してテレマーケティングをしないこと。
・平日の午後8時以後、休日の午後5時以後の電話禁止
・国内はもとより、海外からの電話にも適用
・違反の罰金は最高でAUD$220,000-

検討中の事項としては、
・本人以外のDNC登録を認めた場合の課題
・登録から30日以内に、DNC を徹底することの課題
・登録期間を永久にした場合の課題(転居した場合の前居住者の登録残など)
・市場調査や満足度調査などもDNCの対象にした場合の課題
・直接面識のある担当者からの電話連絡が対象となる場合の課題
などがあるようです。

こういうのは、どこぞの国の個人情報保護法での議論よりも、何やら建設的な議論のようにも思いますね。


10月 31, 2005 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアのDNC(Do Not Call):

» アメリカのDNC(Do Not Call) トラックバック 砂糖の甘い付箋
以前、「オーストラリアのDNC(Do Not Call)」という法規制を紹介した [続きを読む]

受信: 2006/02/01 19:14:26

コメント

コメントを書く