2022年7月21日 (木)

米国データプライバシー及び保護法の討議草案

275751_m_20220721125101

米国データプライバシー及び保護法の討議草案が2022年6月3日に公表されました。

HOUSE AND SENATE LEADERS RELEASE BIPARTISAN DISCUSSION DRAFT OF COMPREHENSIVE DATA PRIVACY BILL
上記のページに草案について法条文と各章解説文が公開されています。

米国における同法の最初の草案が出されたのは2010年なので、かれこれ12年は出ては消え、出ては消えしている法案です。
第1案については、我輩は連邦プライバシー法である。まだ名は無い・・・
第2案については、米国連邦プライバシー法-第2案

の各記事で紹介してあります。

その後しばらく間が開いて、今回のものは通算で第4案となります。

この第4案については、上記法案の修正案(AMENDMENT IN THE NATURE OF A SUBSTITUTE TO H.R. 8152)が2022年7月20日の下院エネルギー・商業委員会にて、賛成53対反対2で賛成され、下院本会議での審議に進めることが決まりました。
法案が下院本会議で採決がはかられることになるところまで進んだのは第4案が初めてのことになります。

いまの時期に検討されているのは、2023年1月に施行されるCPRA(California Privacy Rights Act)の施行が関係していると思います。CPRAはGDPRより厳しい事項も含む規制となっており、ご興味あれば、こちらから記事を参照できます。

Enjn4vqvoamxvzj
事業者にとっては、カリフォルニア州の市民だけを区別して事業をするのは現実的ではなく、州法が乱立するよりは、むしろ連邦法による規制の方が対応しやすいと考える事業者も多くいることになります。

続きを読む "米国データプライバシー及び保護法の討議草案"

7月 21, 2022 | | コメント (0)

2022年6月 8日 (水)

米国データプライバシー及び保護法案(2022年版)邦訳

米国データプライバシー保護法の討議草案が公表されましたね。
HOUSE AND SENATE LEADERS RELEASE BIPARTISAN DISCUSSION DRAFT OF COMPREHENSIVE DATA PRIVACY BILL

とりあえず、日本語に翻訳しておきましたので、Googleドライブからダウンロードしてお使いください。

実際には、American data privacy and protection actなので、「データプライバシー及び保護」ではなく、日本語としては「データプライバシー及びデータ保護」ですが、長くなるので米国データプライバシー及び保護法としてあります。

翻訳に修正が必要な箇所があれば随時更新しますので、こちらのコメントに書いていただけると幸いです。

2022年7月22日追記:
本法案の修正案(AMENDMENT IN THE NATURE OF A SUBSTITUTE TO H.R. 8152)が、7月20日の下院エネルギー・商業委員会にて、賛成53対反対2で賛成され、下院本会議での審議に進めることが決まりました。

6月 8, 2022 | | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

チャタムハウスルールの違和感





このツイートの件で、チャタムハウスルールを知らんのか?ってコメントが多いのだけど、その人って、この厚労省会議での事前確認内容とチャタムハウスルールの両方をちゃんと見比べたのかというかんじ。

続きを読む "チャタムハウスルールの違和感"

6月 20, 2021 |

2021年5月18日 (火)

新型コロナワクチン接種と急死の因果関係が肯定できるものはない。というより、因果関係が認められないと断定できるものはない。とすべき

まず、結論からすると新型コロナワクチンは接種すべきという立場だけど・・・

新型コロナワクチン接種後に死亡して厚労省の専門家評価対象になった事例が4月30日に19人だったところ
参考記事:ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳看護師も

5月12日に28人になった。
参考記事:副反応、100万回当たり28件 新型コロナワクチン―厚労省

続きを読む "新型コロナワクチン接種と急死の因果関係が肯定できるものはない。というより、因果関係が認められないと断定できるものはない。とすべき"

5月 18, 2021 |

2021年5月 7日 (金)

国際規格ISO/IEC 27701プライバシー情報マネジメントシステムと国内規格や個人情報保護法との違い

1635338iso27701  

 プライバシー対策に関わる国際規格としてISO/IEC 27701が、2019年8月に国際標準として発行されました。この規格について紹介します。

続きを読む "国際規格ISO/IEC 27701プライバシー情報マネジメントシステムと国内規格や個人情報保護法との違い"

5月 7, 2021 | | コメント (0)

2021年2月 2日 (火)

PIA(プライバシー影響評価)という名のエゴ

246331pia

個人情報保護の関連用語にPIAというものがある。Privacy Impact Assessmentの略で、直訳するとプライバシー影響評価となる。

続きを読む "PIA(プライバシー影響評価)という名のエゴ"

2月 2, 2021 | | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

身分証明書としてのマイナンバーカード

1

マイナンバーカードが来年から健康保険証として使われることが決まり、さらに運転免許証にも使われる方向で検討されていることが報道された。

そのようになれば、マイナンバーカードが身分証として使われ始めることになる。
本来は、いまでもマインバーカードは身分証として使うことができる。

しかし、マイナンバーカードが身分証として定着していないのが実情である。
いろいろな原因が考えられるが、ここでは2つの課題を考えてみる。

続きを読む "身分証明書としてのマイナンバーカード"

12月 22, 2020 | | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

Gmailで件名だけを他のメールやLINEに自動転送する - iGotEmail

Ogp

Gmailで受信したメールの件名だけまたは本文を、別のアドレスやLINEに転送するスクリプトを作成しました。

機密保持やモバイルでの通信量軽減などのために、メール本文を自動転送せずに、メールを受信した通知を別のメールで確認したいときなどに使えます。
そのためのアドオンがネット上にありますが、そのアドオンはメール本文にアクセスできてしまうので、心配ですよね。
そこで、自分の管理下においたスクリプトで動作するように作成しました。

そのようにするためには、GASと呼ばれるGoogle Apps Scriptの開発者と同じ手順で設定をする必要があり、そのための知識が必要になってしまいます。
そこで、その知識がなくても、設定できるように具体的な手順をスクリーンショットで紹介します。

なお、本文だけでなく、メールの件名も秘匿したい場合には、受信日時と送信元アドレスだけにすることもスクリプトを修正すればできます。

以下のリンクから、内容を確認できます。

 

続きを読む "Gmailで件名だけを他のメールやLINEに自動転送する - iGotEmail"

11月 19, 2020 | | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

テレワークで経営者だけが知っておくべきこと~ITよりも労務管理に注意

本稿は、経営者向けの記事です。

新型コロナウイルス対策による緊急事態宣言で、急遽、テレワークを始めた会社の経営者が知っておかなければならないことがある。

テレワークをするために、資料やパソコンの持ち出しのための検討ばかりをした会社は、特に要注意である。
なぜなら、テレワークは、会社にとって、IT部門や総務部門が担当する情報管理やIT管理の課題であるばかりではなく、人事部門が担当する労務管理の課題でもあるからである。

続きを読む "テレワークで経営者だけが知っておくべきこと~ITよりも労務管理に注意"

4月 17, 2020 | | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

水の中に入らずに水中360度動画を撮影する方法

水中ハウジングケースを使い始めて2年弱経ちましたが、これまで水漏れの問題もなく使い続けています。

水中ハウジングケースTW-1を使ってTHETAで水中360度撮影してみた (2017年12月26日)

普段は、ダイビングのときに水中ハウジングケースを使って、水中360度動画を撮影していたのですが、人が水中にいると、餌付けのときくらいしか魚が寄ってこないので、もうちょっと自然な動画が取れないかなぁ~と思って、カメラだけを水中に投入することを試してみました。

続きを読む "水の中に入らずに水中360度動画を撮影する方法"

9月 3, 2019 | | コメント (0)