« 2019年5月 | トップページ

2019年9月 3日 (火)

水の中に入らずに水中360度動画を撮影する方法

水中ハウジングケースを使い始めて2年弱経ちましたが、これまで水漏れの問題もなく使い続けています。

水中ハウジングケースTW-1を使ってTHETAで水中360度撮影してみた (2017年12月26日)

普段は、ダイビングのときに水中ハウジングケースを使って、水中360度動画を撮影していたのですが、人が水中にいると、餌付けのときくらいしか魚が寄ってこないので、もうちょっと自然な動画が取れないかなぁ~と思って、カメラだけを水中に投入することを試してみました。

RICOH THETAの水中ハウジングケースTW-1に紐をつないで水中に投下すれば、水の中に入らなくても水中360度動画を撮影できます。

TW-1の他に用意するものは以下のとおりです。

  • 釣り用の重り
  • 携帯ストラップ
  • 釣り糸
  • プラスチックバンド(タイラップなど)

TW-1下部の防水フタ開閉のピン部分に携帯ストラップを結び、その先に釣り用の重りをつなげます。

20190731_104858783_ios

TW-1上部の球形の下あたりをプラスチックバンドでぐるりと巻き、そこに釣り糸を結びます。

20190731_105034846_ios

全体として、こんなかんじになります。

20190731_110337695_ios

あとは、THETAの動画撮影を開始して、釣り糸をしっかりと持ったまま、こんなじゃんじで、TW-1を水中に投下します。

すると、こんな動画が撮影できます。

釣り糸だけだと、自分の真下の水中しか撮れませんが、釣り糸の途中に、ペットボトルを腰にぶら下げるホルダー(百均でも売ってます)をつなげると、釣りの浮きを遠くに投げるのと同じようにすることで、自分から離れたところの水中まで撮影できます。

20190731_105952670_ios

20190731_110101577_ios

なんか、めんどくさい・・・もっと簡単にできないものかということでしたら、実はもっと簡単な方法もあります。

それは、TW-1を自撮り棒に取り付けて、それを水面から水中に差し込むという方法です。
この場合には、以下のように動画の上下が反転したものになります。

なので、動画編集ソフトを使って、動画を180度回転(上下反転)させると、以下のような動画にできます。

ということで、水の中に入らなくても、水中360度動画を撮影することができました。

 

9月 3, 2019 | | コメント (0)