« 情報経済革新戦略-日本勢は営業利益率で差 | トップページ | 政府機関統一基準のパブコメ »

2010年7月22日 (木)

米国連邦プライバシー法-第2案

我輩は連邦プライバシー法である。まだ名は無い・・・」でご紹介した、米国の連邦プライバシー法の立法ですが、今週進展がありますね。

先の検討ドラフトに対抗する第2案、その名も「BEST PRACTICES Act」が公開され、これらについての、民間ヒアリングが今週開催されます。

前回に続き相変わらず、米国での立法過程の透明性にまずは感心するわけですが・・・

このヒアリングについては、以下のサイトで紹介されています。

Subcommittee on Commerce, Trade, and Consumer Protection Legislative Hearing

ヒアリングは、現地時間で7月22日午後2時(日本時間で23日午前3時)に開催されます。
委員会の様子は普段はライブ配信されていますが、委員ではなく民間からのヒアリングのため、そのまま配信されるかはわからないようです。
ライブ配信は、ほぼリアルタイムにキャプション(英語字幕)が付くので、わかりやすいです。(笑)

ドキュメントは3つ公開されており、

Briefing Memo : 今回のヒアリングの趣旨
Text of H.R. 5777, the BEST PRACTICES Act : 今回新たに示された第2案
Text of H.R. ___, a bill to require notice to and consent of an individual prior to the collection and disclosure of certain personal information relating to that individual. : 前回の検討ドラフト

上記2つ目が、今回名前付きで出された、連邦プライバシー法案の第2案である BEST PRACTICES Act です。

例によって、読みづらいので、成形しておきました。

とりあえず、逐条のコメントは後日ということで・・・

ライブ配信されるかわかりませんが、もしも、その時間にアクセスしてみようという方がいれば、お互いに寝落ちしないためにツイッターでもできればと思いますので、以下までお知らせください。。(笑)


7月 22, 2010 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66521/48946746

この記事へのトラックバック一覧です: 米国連邦プライバシー法-第2案:

» 米国の連邦プライバシー法の立法検討 - Omnibus Federal Privacy Law トラックバック 砂糖の甘い付箋
日本が天気に恵まれたゴールデンウィークを楽しんでいる最中、 米国で検討が始まった [続きを読む]

受信: 2010/07/22 16:57:40

コメント

コメントを書く