« 技術者以外にもわかる「DPI技術のマーケティング利用議論」入門 | トップページ | 情報経済革新戦略-日本勢は営業利益率で差 »

2010年6月 7日 (月)

LZHファイルを検索して全変換しないといけない

国産の圧縮ソフトとして有名な「LZH 書庫」ファイルですが、先月に発生した脆弱性問題が一因となってか、開発中止になりそうですね。

開発者の Micco さんのホームページ

もしも、最終的にも開発中止となったら、自分のディスク内で、LZHファイルをすべて見つけ出して、いまのうちに解凍するか、別の形式に変換しておかないと、将来開けなくなるかもしれません。

今回の経緯については、いろいろネットで取り上げられていて、中止の犯人探しがされています。(笑)

開発中止の記事いくつか

Unlha32.dll等開発停止、LHA書庫の使用中止呼びかけ

国産の圧縮形式「LZH」のUNLHA32.DLLの開発中止へ、LZH形式使用中止を呼びかけ

国産のソフトが開発中止になると悲しいということはありますが、それよりも、この種の長期に提供されることが重要なソフトが打ち切られると、国産ソフトの継続性を信頼する観点でイメージダウンになることも心配です。

現在、クラウドコンピューティングにおいても、クラウドベンダーの事業継続性はひとつの観点となっていますしね。


と、国の心配をする前に、まずは、自分のハードディスクやバックアップの中に、LZH ファイルがないかを検索して、みつけたら、今のうちに解凍するか、別の形式に圧縮しなおしておかないといけませんね。

媒体の種類が経年でドライブがなくなったとき(たとえば、8インチフロッピーとか、DDSテープとか)に備えないといけない問題がありましたが、このようなアクセスソフトの継続性も注意しないといけませんね。
このことは、e文書法の検討でもふれられていますが、実際に起こり得る状況になったということですね。


PDF 形式ファイルも国際規格の仕様範囲内と、拡張仕様に違いがあるけど、国際規格が定まっていることと、それにアクセスするソフトを誰かが将来に渡って開発継続してくれるかは別問題なことに注意しないといけませんね。

6月 7, 2010 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66521/48566559

この記事へのトラックバック一覧です: LZHファイルを検索して全変換しないといけない:

コメント

コメントを書く